忍者ブログ
ハース&ハースのお得情報や日々の出来事ををご紹介しています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

080617asparagus.jpg





























「ウィーンの旬のホワイトアスパラガスは美味しい!」

とうかがっていたので、とっても楽しみにしていたこの一品。

実は缶詰のホワイトアスパラが苦手な私・・・

でも教えてくれた方の感動の表情から「さぞや」と密かに憧れておりました。

いざひとくち・・・









とっても美味しいじゃないですか~!!!


しゃっきりととした歯ごたえのうえにとってもジューシー!

アスパラで口の中がとっても充実した感じがました(笑)

あぁ、とっても幸せなひとときでした 

今の時期ウィーンを訪れの方はぜひお試しください♪







6/30まで送料無料お中元ギフトのページはコチラ
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://www.haas.co.jp/08tyugen/index630.html







♪ハース&ハースHPはこちら♪
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
 
http://www.haas.co.jp/




PR
ウィーンのレストランで古くから愛されているメニューの一品です。
オーストリア、スワビア地方の伝統的な家庭料理のご紹介


ツヴィーベルローストブラーテン

Wiener Zwiebelrostbraten
ウィーン風サーロインステーキフライオニオン添え

f27edc9bjpeg















材料(4人分)
牛ロース(1人分150g)4枚、塩・コショウ・小麦粉少々、
サラダ油40cc、バター30g、小麦粉小さじ1、
ブイヨン(又は水)約250cc、フライオニオン200g

作り方
1.牛ロース肉に包丁でスジを入れ、塩・コショウ・小麦粉を軽くまぶす。
  フライパンにサラダ油を熱して肉の両面に焼色を付ける。
  仕上げにバターを落とし軽く焦がす。

2.肉はフライパンから取り出し保温しておく。
 フライパンは洗わずに、ルーを作る。
 小麦粉をフライパンに入れダマにならないようにしゃもじでかき混ぜる。
 これにスープを少しずつ加え、濃度をつけてソースを作る。

3.2.に肉を戻し入れ中火で3‾4分程煮込んでから、皿に肉を盛り、
 フライオニオンを肉の上にのせ上からソースをかける。
 *フライオニオンの作り方は、玉ねぎを薄くスライスし、
  水に30分程さらしてから水気をよく切り、小麦粉をふって180℃のたっぷりの
  油でキツネ色になるまで揚げる。

 *付け合せは、フライポテト・野菜のピクルスなどが一般的。
  またワインは辛口の赤が実によく合います。写真はクロスターガルテン。


----- オーストリア政府観光局HPより -----


♪ハース&ハースHPはこちら♪
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
 
http://www.haas.co.jp/


 

おうちでウィーン気分を味わいましょう!
簡単にできるウィーンの家庭料理です。

ウィンナーシュニッツェル

Wiener Schnitzel
仔牛のカツレツウィーン風


WSchnitzel.jpg











材料(4人分)
仔牛のモモ肉(1人分100g~120g)4枚、
卵2ケ、パン粉80g、サラダ油200cc、仕上げ用バター100g、
レモン(1人分1/4ずつ)1ケ、小麦粉適量、塩少々

作り方
1.薄く切った仔牛肉を肉たたきで更に薄く延ばし、
 包丁でスジを入れて塩をふり、小麦粉・卵・パン粉の順で衣をつける。

2.フライパンに肉が浸る程度の油を入れ、軽く熱してから1.を並べ、
  フライパンを動かしながら両面に焼き色をつける。

3.両面にきれいな焼き色がついたら、余分な油を捨て、
  バターを落とし軽く焦がしたバターの香ばしさを両面に滲み込ませる。

4.皿に盛りつけレモンを添える。

----- オーストリア政府観光局HPより -----


♪ハース&ハースHPはこちら♪
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
 
http://www.haas.co.jp/
HOME
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
【 ♥ イラスト提供:Night on the Planet ♥ 】